総合コンテンツへリンク 現代作法会コンテンツへリンク マナーサービスコンテンツへリンク トップページへリンク 資料請求・お問合せへリンク
テレビ出版物へリンク トピックスへリンク マナーワンポイントアドバイスへリンク オープンセミナーへリンク 事務所・教室MAPへリンク
お正月編NO.2・・・年始のあいさつまわり ワンポイントマナーをおとどけします!

年始客(うかがう側)の心得十か条

  1. 目上宅や仲人宅、お世話になった方々のお宅へは三が日までに、 遅くても五日までにお伺いする。
  2. 年始のあいさつは、玄関であいさつして失礼するのが基本。 予約せずに伺ってもよい訪問なので、
    玄関内で15分〜20分までで済ませ失礼する。
  3. コート、ショール、手袋、マフラーなどは玄関の外ですべて取って身づくろいし、
    玄関ですぐあいさつができるようにしてベルを押す。
  4. あがることをすすめられたら遠慮する必要はないが、年始あいさつの長居は無用。
    ダラダラと長引かないよう早めに切り上げる。
  5. 祝い酒や祝い肴は、すすめられたら必ずいただく。しかし車で伺った人や飲めない人は、
    形だけ口をつければよい。
  6. 年始の手みやげは、年末にくさらないものを用意しておく、お菓子やお酒などが一般的。
    表書きは“御年賀”“御年始”“新年御挨拶”とする。
  7. 新年のあいさつは、きっちりとする。旧年中お世話になったことをまず感謝し、
    引き続き今年も更に一層のご助力、ご指導をいただくことをお願いする。
  8. 服装は正装で、男性ならスーツ。女性は、和服なら訪問着、
    洋服なら上品なワンピースがよく、羽織付は年配の婦人だけがゆるされる。
  9. 留守宅へは、名刺にいつ伺ったかを書きそえてポストに入れておく。
  10. 小さな子供をたくさん連れての年始まわりは避けること。
    相手にお年玉やもてなしの事で余分に気を使わせる。

迎える側の心得五か条

  1. 年始客は、玄関だけであいさつを済ませても十分なので、 無理にあげる必要はない。
  2. 部屋に通したら、祝いの酒肴でまずもてなす。
  3. 客を迎える装いは略しすぎず、男性なら着流しやブレザースタイル。
    女性は小紋やワンピース、ロングスカートにブラウスなどが華やかでよい。
  4. 同室、同席の人を紹介する時は、年始のあいさつを受けた後ですること。
  5. 迎え側も、客側も、お正月は何かと忙しく予定が多いはずなので、 無理に長くひきとめる必要はない。

バックナンバー

お喜び・
お悔やみ編

お歳暮
クリスマス編

お正月編 1
(年賀状・お年玉)

テレビ出版物へリンク トピックスへリンク マナーワンポイントアドバイスへリンク オープンセミナーへリンク 事務所・教室MAPへリンク
総合コンテンツへリンク 現代作法会コンテンツへリンク マナーサービスコンテンツへリンク トップページへリンク 資料請求・お問合せへリンク
Copyright(C) Japan Manner Service Co.,Ltd. All Right Reserved.